神戸大学附属中等教育学校演劇部 劇団@planet

コロナ禍の中で集まれず、大声も出せず、舞台に飢えていた中で、新しい演劇のカタチを求め、そして私たちの大切な地元、神戸をもっともっと盛り上げるために078神戸への参加を決断した神戸大学附属中等教育学校の演劇部員が久々に全力で演劇に取り組みます!今回は、舞台上での役者同士やお客様に対する飛沫感染等のリスクを軽減するため、初めての映像公演に挑戦。劇中には神戸で有名なあの会社のハンカチが登場し、神戸の魅力も十分に感じて頂けるコンテンツになっています。 ぜひご視聴ください!

演目① 演劇 「 贈るコトバ 」

作・演出:原口佐也佳

~あらすじ~
舞台はとある学校の放課後の演劇部。今日は副部長の誕生日!部員たちは各々プレゼントを持ってきたようす。さらに副部長が部室に来た時のサプライズも計画している部員たちはサプライズ本番までの時間にリハーサルをすることにしたが…?

<special thanks>
この演劇を脚本及び公演するにあたりまして、株式会社ナガサワ文具センター様にご協力を頂きました。ありがとうございました。
劇中で使用した「NAGASAWA オリジナルデザイン刺繍 ガーゼハンカチ」は両面 ガーゼ、綿100%の肌に優
しく吸い取りのよい小型のハンカチで、肌触り抜群!また、神戸にちなんだモチーフが刺繍されており、可愛い柄のものからシックな大人の柄のものまで全8種類。ずっと使いたくなるハンカチです!プレゼント用にも最適の一品。

キャスト一覧※()中は役名
柳澤萌絵(田中 麻里:演劇部部長。中学3年生。何かと仕切りたがる。)
正垣結羽(坂口 泉:演劇部副部長。中学3年生。今日が誕生日。)
佐藤珠風(森川 美奈:部員。中学2年生。とにかく明るい。)
井関彩葉 (村井 香穂:部員。中学2年生。最近反抗期を迎え尖っているが、悪い子ではない。)
曽我凌子(中谷 京子:部員。中学2年生。苦労人で、少し毒舌。)

演目② 演劇 「 天才の天災 」

作・演出:堀井澄香

~あらすじ~
舞台はとある学校の期末考査期間。「公平さを愛するクールで大人な教師」を理想に生きる数学教師が、朝に不思議なパンを食べたことで 1 時間後の未来が見えるようになる。その日の 1 時間目は数学の考査で、教師は生徒の考査結果が良いことを確信していたが・・・?

<special thanks>
この演劇を脚本及び公演するにあたりまして、株式会社神戸屋様にご協力を頂きました。ありがとうございました。劇中で使用した「もちふわ匠の逸品」「抹茶蒸しぱん」はどちらも最高においしいパンです!もちふわは、小麦粉の一部を熱湯でこねた「湯種」を増量したことにより水分をしっかり保持させるという独自のメソッドを採用。生地のもっちり感と、ふんわり口どけのよい食感がたまりません!まさに「匠の逸品」です。抹茶蒸しぱんは、北海道産の小豆をふんだんに使用した高級感のあるパンで、パンなのに抹茶の香りがとても豊か!リラックス、ほっこりしたいときにおすすめの一品です。

キャスト一覧※()中は役名
出口愛子 (大喜多先生:数学教師。生徒思いだが、「公平さを愛するクールで大人な教師」のキャラを保つのに必死でカッコつけている。生徒からも公平であると定評がある。結構な負けず嫌い。)
渡部葉名 (中谷先生:数学を狂愛する教師。生徒自慢が多い。大喜多先生をライバル視しており、ひたすらプレッシャーを与える。何考えているかよく分からないところがある。)
川尻あすか (森さん:大喜多先生のクラスの教育実習生。真面目だけれどどこか抜けている。先生たちを尊敬している。明るくて人当たりのいい、勉強熱心な若者。)
馬場千歌 (源:生徒。一見真面目だが、勉強は得意ではない。引っ込み思案。常にビクビクしている。教師のことは一応いい人だと思っている。)
山内陽月 (足利 :生徒。活発で陽気、過剰なポジティブ思考である。迫られ、痛いところを突かれるとから笑いでごまかす。教師のことは正直なめている。)
瀬藤遥 (長曾我部 :生徒。気だるげでやる気のない、常に居眠りしている様な生徒。先生のことは興味ない。反抗的。厨二病を秘めている。)

様々なことが制限されもどかしさを感じる日々ですが、神戸の中高生が一生懸命に演劇をしている姿を見て元気が出たと感じてくださる方が一人でもいらっしゃったら、私たちもとても幸せです!私たちの演劇が少しでも、皆様の感情、そして神戸の文化や技術と 交差し、面白く心地よいニューノーマルの構築のきっかけになれることを心から願っています。

参加費

無料

団体概要

劇団名のplanet(惑星にちなんだメインキャラクターのどせっち、外部劇団所属の顧問、部OB 、 OG の方々とともに活動中!年4回の公演を基盤にしています。 2018 年度第49回神戸市高等学校演劇発表会では優秀賞、舞台美術田中賞、優秀脚本賞、演技賞個人を、 2019年度第50 回神戸市高等学校演劇発表会では優良賞、舞台照明賞を受賞しました。また、文化祭やコンクールだけでなく、外部のスタジオや舞台を使用した本格的な自主公演にも力を入れています!
部員ブログ及び公演情報はこちら
https://ameblo.jp/kuss-engekibu-kuss/